宮崎駿 ワールド?

2006-08-19

昨日、ちょっとおもしろい事があった





仕事があるんで、普通に出発して地元の道を走っていたら



少し渋滞していた



その先に脇道がある!ってのも知っていたが、普段使う道じゃないので



(確か近道だったよな~? 確か走った事あるよな~?)



てな感じで曲がり、道なりに進んで行くと



…?



なんか違う







見た事もない風景



見た事もない町並み



見知らぬ住宅街に入っていくではないか!





(オイ!超地元だぞ!)







あれ~? っと思いながら進んで行くと





突然、駄菓子屋みたいな商店が現れた













(こんなとこにあったっけ?)













しかしあきらかに古い…







(中学生の頃からの地元なんだが…)













丁度、タバコも切らしており缶コーヒーも買いたかったので









一時停車









サイフを見ると自動販売機に使える小銭が無かったのでしょうがなく店の中へ…















少しほこりっぽい店の中に入ると







どこからともなくテレビの音が聞こえ







その少し古ぼけたテレビ画面の中からは高校野球の試合中継が…















しかし店主の姿が見えないので













「スミマセーン 両替お願いできますか~」 と軽く一声













「……」



















だれもいない…





















さらに大きな声で















「スミマセーーン!」





















「………」



















やはりだれもいない

















これで返答なかったら面倒臭いから帰ろうと思い



















さらに大きな声で!























「スミマッ! 」 セン と言いかけたその時









「ここにいるよ!」 と 少し声に張りのない男性の声

















そこにはボンカレーのおじさんみたいな人…















失礼















丸いメガネを鼻先に引っ掛け









白いランニングシャツを着た









いかにもそれっぽいおじさんがいた







(左のショーケースの脇に隠れて見えてなかった)















もう一回 失礼















なんか、事の一部始終が化かされている気がした















変な気分の中 用事を済ませ











車に乗り込み  いざ出発進行!











道なりに進んでいくと









大通りが見えてきた









少しワクワクしながら(何処にでるんだろう?って)









交差点に差し掛かり 良く見ると…















そこは…















なんと





































いつも自宅から歩いて買い物にくる







セブンイレブンの脇道だった…



















ここまで引っ張って スゲー「おち」









しかも全然近道どころか









振り出し以下に戻ってるし…













結局は、ただ通った事がない道があっただけの話しなんですが





少し物語チックに書いてみたくなっただけの事です





ここまで下らない話しを読んでいただいてスミマセン



















しかし





こんなことって他の人もあるのかね?







ただ単に















俺がボケなだけかい?

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://ange91969.blog.fc2.com/tb.php/29-b0922514
<< topページへこのページの先頭へ >>